一般社団法人 放送人の会

第6回 大山勝美賞(2020)
―贈賞式 開催日時・未定―


当会設立時のメンバーで、2代目会長を務められ、放送のために尽くされた、大山勝美さんの名を残し、その意思を継ぐために、ドラマの若いクリエーターを個人で表彰。
中込 卓也(なかごめ たくや)
(テレビ朝日 ドラマ制作部 プロデューサー)
「やすらぎへの郷」(2017)から「やすらぎの刻」(2019~2020)へと、準備期間を含めれば4年以上、 長きに亘る帯ドラマを見事に運営された氏の努力と才能を高く評価したい。脚本家・倉本聰氏とベテランのスター俳優たちの絶大な信頼を勝ちえた証である。 氏の労を多としたい。
藤村 忠寿(ふじむら ただひさ)
(北海道テレビ放送 コンテンツ事業局クリエイティブフェロー)
氏は既に、民放ローカル局のバラエティ番組として異例のヒットをした「水曜どうでしょう?」のディレクターとして名高いが、近年はドラマの演出も手がけ、「ミエルヒ」(2009)ではギャラクシー賞優秀賞、放送文化基金賞を受賞している。昨年、氏が演出した北海道テレビ開局50周年企画番組「チャンネルはそのまま!」はそのテーマ、手法、エンターティメント性が評価され、民放連賞テレビ部門グランプリ、テレビドラマ部門最優秀を受賞した。氏の功績を高く評価したい。

過去開催分はこちらから

※「大山勝美賞」とは……
2014年秋、生前の大山勝美さんから「放送人の会」は多額の寄付金を頂きました。
ドラマの巨匠・大山さんは本会設立時のメンバーで、2代目会長を務められ、後進の指導など放送のために尽くされました。
大山さんの名を残し、その意思を継いでゆきたいと「大山勝美賞」を設立し、ドラマの若いクリエーターを個人で表彰します。
年齢は60歳以下です。個々の作品では無く、長い期間の仕事の仕方を総合的に判断して選びます。

ページのトップへ戻る